けもフレ最終話

けものフレンズ最終回、とても感動しました

主人公のかばんちゃんが生死不明になったときは、SNSで騒がれていたほど動揺はしなかったのですが(馴れなのかな?)
今まで旅の道中で出会ったフレンズ達が駆けつけてタイトルロゴとOPが流れたのには
思い出すたびになんだかよくわからない涙が出てきます
11話と12話は暗めの展開でOPは流れなかったので、更に強い効果が出ています。

かばんちゃんは結構危ない状態になっていたんですが、ちゃんと助かってよかった
どっちに転んでもおかしくない展開でしたからね
1話からの伏線回収がすさまじいです
トキに運ばれたまま仁王立ちで威厳たっぷりのヘラジカさんがかっこよかったですし、
鳴き真似で敵の注意を引き付けるマーゲイさんに感動しました。自分の特技を有効活用してますよね

これまで感情を持たないガイドロボと思われてきたラッキービーストも
一度、記録機能の調子が悪くなったことで、自分の意志で記録機能を使えるようになったらしく
どうやら自我があることが最終話でハッキリしました。
自我がないと茶番にはのらないですからね。
これを知ったうえで全話を見直すとまた新しい発見があったり、けものフレンズは
これからも繰り返しみていくことでまだまだ発見がありそうです

12話を観て、ブルーレイ&ガイドブックももうちょっと積極的に買っていこうかと考えています。

スポンサーサイト

2017.04.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 私生活



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »