試練への突破口探し

夜になると無性にクッキーのようなバリバリと食べられるものが欲しくなります
クッキーをバリバリと食べてると、なんだか少し元気が出る

今の仕事の最大の問題は、いかにして周りの迷惑を顧みることなく自分の思いついた段取りで強引に仕事をする人にどう対処するか。ここさえうまくいけば人手不足で休みが少なくてもなんとかいける
忍耐を鍛えられているのか、僕が大切な友人にしてきたことの報いなのか、もっと僕が人間として成長するために送られてきた課題が人の姿を借りてやってきたのか、いろいろ思考を巡らせながら一緒に仕事をやっています
今ここで自分が変わらなければ、この人に精神的にやられてしまう

今日の仕事の休みは何とか体を奮い立たせて美術館にいってきました

スポンサーサイト

2015.12.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 考え事



6月はDLC

今年も夏コミへ行くために東京へ行きます
新幹線で風景を楽しみます

6月の間はネット上への書きこみとポケモンとすれ違い通信はお休みして、余暇はなるべく絵を描く時間にあてるようにしてました
ポケとるとポケモンスクランブルとバッジとれ~るセンターはやってましたけど
一定時間立つまでできなくなるゲームなだけに、けっこう時間をとられますね

ポケとるはハリボーグとハガネールを残して、現時点での最終地点の200匹まで到達しました
この2匹のオジャマ攻撃はとても厄介で
スクランブルはルビーとサファイアのステージで止まってて、あとはエンテイを捕まえるのみです

絵を描こうと何度か考え込んだり、参考にピクシブのイラストを観たりしていたりしたのですが、全然コレといったものが描けませんでした
気持ちを揺さぶられるものを外で見つけてこなければ駄目なようです
Twitterの閲覧やネットの書き込みを控えていたとは言っても、ニコ動を見ることは多かったですし、上のDLゲームをやったりしてたのでどこかから仕入れてくるのは真剣にはできてなかったんですよね
本当に暇にならないと、なかなか外から情報を仕入れてこようという気が起こらないです

夏コミが終わったら、ネットは半年間は必要最低限とゲームもポケダンが発売されるまでは控えて、DVD鑑賞とか読書とか何かしらの体験とかを重視するようにして行こうと思います


続きを読む

2015.07.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 考え事



ゆとり

ゲームとネットの巡回をしばらくやめてみたら、思いのほか生活にゆとりがでてきました。
ポケモンをプレイするのとネット巡回はライフワーク、四六時中ずっとそればかり。
これではゆとりはできませんよね…
あえて退屈な時間を作ることで、何かしら自分の頭でそれを何とかしようとする余裕が得られるのがありがたい。
ゲームとネットばかりに意識をとられてそれ以外のことを考える余裕がなくなって、今回退屈な時間をつくってみて退屈な時間のありがたさを知りました。

読書はできるし、外のことに関心を持ちやすくなるし、人と話す余裕もできるようになるし、
冷静に自分のことについて考える時間もたっぷりとれますし、いいことづくめです。
以前のように本屋で立ち読みしたり、散歩もやりやすいです。
落書きをする余裕もできますし、落書きをするための構想をゆっくり練るということを考えられるようになりました。

僕がネット依存をしやすいのは、リアルでの生活が充実させられていないからなのかもですね
リアルでの人間関係をしっかり構築できる人こそ、ネットでもちゃんと人間関係を構築できる。
ネットでイラストを描いたり、活躍してる人達は、リアルの生活が充実しているからこそ、あんなにエネルギーが充実してるんだな、と思いました。
なんとかして僕がリアルの生活を充実できるその時までは、定期的にネット断ちをした方がよさそうです


続きを読む

2015.03.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 考え事



ネットだけでは得られないもの

もしも毎日の生活からネットをなくしたら、身の回りのことにもっと関心が持てるようになるかも?
ゲームやインターネットに追われるような生活を送っていて、本当に自分のやりたいことができていない虚しさからそう思うようになりました。

Twitterを利用するようになってから、どうしても日常的にそこを見たり何かの拍子にわずかに湧いた気持ちの動きをそこで発散させてしまうために、身の回りの人との関わりを面倒ごとにしてしまいがちでした。
ネット上でのやり取りは簡略化されたツールでしかなくて、自分の力にならないことにも気づき始めてきました。

日常生活との人の関わりの中でないと、どうしても人に何かを表現する力は身につかなくて、人の気持ちを考える心は育たないんだとも思いました。
人付き合いで一般的に、とか道徳的にこうした方がいいこうすべきと言われても、自分の意志でそれができなければ意味がないんだと、人とトラブルを起こした時に感じましたしね…

ネットに触れる前、時々ネットを休んだりしてるときは、普段関心が行かないようなことにも関心がいきやすいですし、起こせなかった行動も結構簡単に起こせたり、普段から考える事も縛られずに自由だったりしました。
色んな本やDVDに手を出しやすく、色んな所にも出かけやすい。そして空想もしやすい
案外、ずっと描きたくてしょうがないポケモンのファンアートもどんどん描けるような気がしています

適度にバランスよく、ゲームやネットを楽しめるようにするには、時間を決めてとか節度を持ってとかでなく、オフを充実させる必要があるのかもしれません。
そこで試験的に3月2日から2週間、ゲームとネットを断ってみるつもりです。
そしてそれをやってみて、感じたことをブログに書いてみます

2015.02.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 考え事



マボロシ

それがいつからだったのかははっきりとはしませんけどずっと虚ろだった僕本来の感覚が、
大濠公園で昔の自分の感覚を思い出してから、実感として感じられるようになってきました。
それまではマボロシのようなものに感じられていたものが、実体を取り戻した感じです

どんな絵を描いたらいいのか浮かびやすくなりましたし、どう資料を集めていけばいいのかも分かりそうです
自分で決めるような判断も、これからは明確な基準で下せるようになりそうです

小さい頃から集団の中でいつも異質な存在として扱われるうちに、普通を意識し過ぎて周りに合わせようと頑張っている内に自分の感覚で物事を判断することができなくなっていたようですね

それと、思春期辺りから思い煩っていた「周りの人間がマボロシに見えてしまう」悩みもようやく決着が着きそうです
長い付き合いがこれまでなかったことと、どうしてもこれ以上は人と仲良くなることが出来ないと言うこれまでに越えられなかった壁が存在したこと、自分は人より劣っているという感覚、上記の自分本来の感覚がマボロシのように感じられているということから対等に人と話す機会がなかったために、自己完結してしまっていたせいらしいことに気づきました
人の気持ちが読めないのも、常に自己完結して、自分が何か喋ったりアクションを起こすことで相手も流動的に気持ちが変化していくんだということを想像しようとしなかったから

想像できないのではなく、単にしようとしなかっただけ
ひとつの初歩的なつまずきがきっかけで、こんなにも長い間思い違いをしていた

マボロシが実体を持つようになってくれば、集団の中で「そこにいる」ことがようやくできるようになってくるし、
やっと責任とプライドも持てて、親しくしたい相手とも触れ合える
やむを得ない事情でお互いに離れざるを得なかった、友人を迎える準備を整えられるようになりました

2014.11.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 考え事



«  | ホーム |  »